読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祭典は続く



卓球の福原選手が個人戦に負け、
「メダルを取らないと意味が無い」と発言した。
果たして一般論としてはこの言葉はどうなんだろう?
彼女がつらい練習をして、ここまで来たのだから、
自身の気持ちの表現としてはいいのかもしれない。
でもオリンピックではメダルは
金と銀と銅の3種類しかない。
どんなに努力しても増える事は無い。
従って大部分の人や団体は敗者となる。
もっと言えばオリンピックに選ばれ無かった人は
全部敗者で、意味が無いのか?
なんか引っ掛る。

shinya