読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小鳥ポーズも可愛かったです

生五郎丸を見た。
朝から随分悩んだ。
一時に試合開始なのに当日券の発売は11時過ぎ。
五郎丸人気があるので寒風の中どれだけ並ぶ必要があるのか
わからない。
サッカーと違って関係者ももたもたしている。
もうやめようか、と何度も思ったが
「いやまてよ。」と思い返した。
五郎丸は海外のチームに移籍するはずだ。
長居で彼の雄姿を生で見れるのは今度いつになるかわからない。
やっぱりチケットをゲットすることにした。
五郎丸選手が現れた。
私の左隣の女性は声をからして怒鳴っている。
まだ試合も始まっていないのにこの調子でずっといくのか?
恐ろしい。
筋骨隆々の選手達の中でも彼の均整のとれた身体はひと際目だった。
まるでガンダムのようにメタルジャケットを身につけたように見える。
そのガンダムが走り、タックルし、ボールをける。
ラグビーにそんなにくわしくない私やおばちゃん達、
それに子供達にも彼の姿は力強く美しい。
後半五郎丸が地域を挽回するためにタッチ際から大きくキックした。
すぐにグランドに落ちると思われたボールはカーブを描いて
私達の方へ飛んでくる。
このままだとmyさんに直撃する。
とっさに私は右手でボールをブロックした。
遠くから飛んできたのにボールの威力は強烈、
突き指しないよう、しっかりと広げた手で
かろうじて弾き、事無きを得た。
痛かったが五郎丸のキックをこの手で受けたことは
いい思い出になる。
それにしても隣のおばちゃん、
最後まで叫ぶのをやめなかったあなたのパワーも
五郎丸並みでした。

shinya