読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8月6日


学生のころ、夏になると毎年のように広島の呉線のとある町に通った。
親戚のおばあちゃんにある時尋ねた。

「ここからもピカドンは見えたの?」

お婆ちゃんは答えた。
「よおく見えたよ。 何日もたってから線路沿いに大勢の人が広島から歩いて来たよ。」

話を聞いて、私は無知な質問をしたことに後悔した。
地獄を経験した人々は語るのもつらい、
黙っているのもつらい。

そのことを知っている私達は
語らねばならない。


shinya