読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

次に行こう


ワールドカップに出て来たチームにちょろい相手はいないのだ。
心の底でわかってはいたのだが、ドカーンと思い知らされた。
2分間での同じパターンでの2発には度肝を抜かれた。
日本チームは顔色を失い、つちかった戦い方も失った。
戦術的に何が問題だったかは色々とあると思う。
私が一番感じたのは心の問題である。
先取点をあげたあと日本チームは弱気になった。
闘う姿勢が見られず怖さが見られない。
その傾向はドログバが出てくると一層顕著になった。
確かに怖い、顔も怖い。
私も最初は怖かった。
でも慣れればいっしょの人間である。
ドログバがなんぼのもんじゃ〜」
この思い込みが大切です。


shinya